TABIBURA

TABIBURA

The journey is the reward.

二度美味しい!東京No1かもしれない「つじ半」の海鮮丼が贅沢すぎる

Date: 2015/05/13 Category: TOKYO FOOD

旨すぎる!贅沢すぎる!
初めて訪れたときの衝撃はかなりのものでした。
東京駅八重洲口から徒歩5分。行列ができる人気店「つじ半」。

つじ半

ラーメン店「めん徳二代目つじ田」の辻田氏と天丼店「金子半之助」の金子氏がコラボして立ち上げたお店です。「つじ」と「半」を取って「つじ半」。

メニューは海鮮丼「ぜいたく丼」の一品のみ。(具材により松・竹・梅あり)

つじ半
ぜいたく丼(梅)

酢飯の上に海鮮具材が高々と盛られているのが特徴です。新鮮な魚介が適度な大きさに切られ、イクラがちらされ、ネギ、キュウリ、数の子などの具材が入っています。数の子が歯ごたえと味にいいアクセントを加えています。バランスがほんとに素晴らしく、ほんとに美味しい。いや、旨い!

つじ半

店内はカウンター(12席)のみ。けっこうなお値段の日本料理が出てきてもおかしくない雰囲気です。板前さんがカウンター越しにぜいたく丼を提供してくれます。ぜいたく丼を頼むと、小皿に数切れの刺身がついています。

さて、料理をすぐに紹介してしまいましたが、料理が用意される前にテーブルに置かれた「おいしいお召し上がり方」を必ず確認しておきましょう。

つじ半

  1. 最初に黄身醤油をお出しいますので、わさびを溶いて余すことなく丼にかけてお召し上がりください。
  2. 別皿の刺身は締めの鯛だし用に二切れ残しておめし上がりください。
  3. お好みのタイミングで、鯛だしをお入れいたしますので、板前までお申し付けください。(丼が空になってからがお勧めです。ご希望によりご飯を追加いたします。)
  4. 鯛だしが入りましたら、残った刺身を入れてお召し上がりください。

お刺身を数切れ残して、ぜいたく丼を楽しみましょう。

つじ半

丼が食べ終わったら、2度目のお楽しみ。空の丼に鯛だしを入れてくれます。お好みでご飯も入れてくれます(僕はもちろんご飯入りでお願いします)。

つじ半

残しておいたお刺身をのせていただきます。なんでしょう、幸福感がたまりません。

ぜいたく丼、この贅沢さで梅は990円。コスパ良すぎです。何度でも、並んででも訪れたくなる、つじ半のぜいたく丼。また食べに行きたくなってきました。

店名:つじ半
住所:東京都中央区日本橋3-1-15 久栄ビル1F 地図
アクセス:日本橋駅から徒歩2分、東京駅から徒歩5分、京橋駅から徒歩6分
TEL:03-6262-0823
営業時間:
平日 11時00分~15時00分/17時00分~21時00分
土・日・祝日 11時00分~15時00分/17時00分~21時00分
ランチ営業、日曜営業
定休日:不定休
席数:12席

シェアする

関連する記事