LIFE

「告白」を観る

衝撃作と言われる「告白」を観てきました。
2009年に本屋大賞を受賞した、湊かなえさんの小説が原作となっています。

告白

ある中学教師が、自分の愛娘を教え子に殺され、復讐をしていくというストーリー。命の意味や重さを問う内容になっています。かなりダークです。復讐をする教師役は、松たか子さんが演じています。

映画は、教室のシーンから始まります。ワイワイと騒ぐ生徒たちのなか、松さんが教壇で、静かな声で話出します。命とは・・・、自分の娘が亡くなったこと、その理由、松さんの告白により、教室の雰囲気は一変します。導入部で見事に引き込まれます。

様々な登場人物が、いろいろな背景のもと、特殊で複雑な感情を抱いています。偏った感情表現なので、批判や誤解が生まれるかもしれません。でもおかまいなしな感じ。偏ったところは偏ったまま描かれています。そこが良さな気がします。

命の意味・重さを問うようなメッセージ性のある映画ですが、それだけの印象ではありません。エンターテイメントとして、脚本、演出にすごく見応えがあります。

5/5 告白

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1) 告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
湊 かなえ

双葉社 2010-04-08
売り上げランキング : 9
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools