TABIBURA

TABIBURA

The journey is the reward.

図らずも!計りながら学べる単位展が面白い

Date: 2015/04/26 Category: LIFE

単位展

六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催されている企画展「単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?」に行ってきました。

けっこう前からチケットは持っていたのですが、せっかくなので「六本木アートナイト」の日に合わせて訪れました。六本木アートナイトは、六本木の街がアートであふれる日。

さて、六本木アートナイトも楽しかったのですが、単位展が図らずも(計りながら)面白かったのでレポートします。

世の中のあらゆる単位に着目

単位をテーマとした本展は、多種多様なモノやコトの中にどのような単位があるのかを知り、実感することによって、モノがつくられたプロセスやデザインに対する考え方、さらには単位が生み出された文化や社会背景を見つめるきっかけとなるでしょう。単位で遊ぶと世界は楽しくなる。単位を知るとデザインはもっと面白くなる。

出典:単位展

遊べて、学べる

入館するとメジャーをもらえます。これで何かしてねといったことはないのですが、好きなものをいろいろ計ってみてねということ。

単位展

まずは単位の種類について体感しながら学びます。

単位展

1間や1尺はどれくらいの長さか。実際に手を広げて比べることができます。1kgや1貫はどれくらいの重さか。ボールを手で持ち上げ重さを実感できます。1貫は3.75kgあるのでけっこう重いです。100貫デブは、なるほど375kgになるわけです。

単位展

普段使うA4・A3の紙のサイズがどんな大きさか。A1の半分がA2、A2の半分がA3、その半分がA4ですね。

単位展

壁には、1cm、5cm、10cm・・・・長さが同じものが順に並べられています。

単位展

布団たたきは、バイオリンケースにしまうと丁度良いかもしれません。

単位展

1月〜12月という単位のデザイン。これで「August」が何月だったか忘れることはありません。

単位展

おちょこ、升、ビン、樽でサイズを比べています。これを知ればお酒を飲み過ぎることはありません。

単位展

「しごと」と「かてい」では、「かてい」の方が重いことが分かります。
体験型の展示なので、自分でも天秤にかけて重さを量ることができます。
「あい」と「かね」を天秤にかけてみました。

学びや新たな発見の多い時間となりました。
こちらの単位展は、今月末まで開催中です。

名称:企画展「単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?」
開催期間:2015年2月20日(金)〜2015年5月31日(日)
開館時間:11:00〜20:00(入場は19:30まで)
入場料:一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料

シェアする

関連する記事