TABIBURA

TABIBURA

The journey is the reward.

お洒落で贅沢な朝の時間!『bills(ビルズ)』で世界一の朝食をいただいてみた

Date: 2012/01/05 Category: FOOD

「bills(ビルズ)」初体験です。もちろん「世界一の朝食」が目当て。

bills(ビルズ)

billsは、オーストラリアのシドニーに3店舗を展開するレストランです。ハリウッドセレブたちが「世界一の朝食」と称する「オーガニックスクランブルエッグ」や「リコッタパンケーキ」が有名。

今回訪れたのは、2011年7月にオープンした、お台場・デックス東京ビーチ内にある「bills(ビルズ)」。鎌倉・七里ヶ浜、横浜・赤レンガ倉庫のお店に続く国内3号店です。

bills(ビルズ)

店内に入ってまず目についたのが、お店中央の大きなウッドテーブル。そしてその周りに並べられた、色とりどりのイームズチェアー。かわいらしく、素敵です。

bills(ビルズ)

店内は明るく、開放的。敷地も広く、座席数はかなりあります。座席の種類もいろいろ。本棚が横にある席、キッチンが見える席、レインボーブリッジが臨めゆったりできるソファー席など。どこに案内されるかも、ちょっとわくわくします。

bills(ビルズ)

こちらがオーダーした、あの「リコッタパンケーキ」です。
とにかく、ふわっふわっです。
上アングルからもう一枚。

bills(ビルズ)

上にのったハニーコームバターをとかしながらいただきます。パンケーキ自体は甘さ控えめ。下に引かれたバナナと一緒に食べるとグッドです。お好みで、別で出てくる蜂蜜をかけます。

レオナルド・ディカプリオがこの味にはまったという話も納得です。

今回、僕は、開店9時からのところ9時半に来店しました。普通に座れましたが(寒い日だったから空いていたのかも)、昼頃や、メディアに取り上げられた直後などは混雑し、並ばないと入れないこともあるそうです。

昼・夜のメニューもありますが、個人的には朝訪れるのがおすすめです。
パンケーキやスクランブルエッグなら、なおさら。
一番、”贅沢な時間”を味わえるのが朝かと。

リコッタパンケーキ 1,400円。
カプチーノ 600円。

2,000円のランチより、2,000円の朝食の方が贅沢です。店が空いている朝の方が贅沢です。パンケーキが出てくるのには、20分くらいかかります(と店員さんに言われます)。そんな時間も気にせずのんびりできる朝って、贅沢。

なかなかいい時間を過ごしました。

シェアする

関連する記事